ストレートネック

ストレートネックとは?

普段より頭痛・肩こり・手のしびれ・浮遊感のような症状で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

正常な頸椎(首の骨)は緩やかなカーブを描いて重い頭をバランスよく効率的に支えています。

しかしストレートネックの人は湾曲がなくなってしまい真っ直ぐになってしまっている状態です。カーブが崩れることにより頭が頸椎より前に来て、重い頭を頸や背中周囲の筋肉で支えなければならなくなってしまいます。

その負荷が限界を超えると、慢性的な頭痛や頚部痛やきつい肩こりといった症状が出るのです。

 

さらにストレートネックを持った方はなで肩も合併していることが多く、この場合は神経根が引っ張られることで痺れや重だるさを引き起こすこともあります。

当院のストレートネックに対する治療方法

頚部の湾曲は全体の姿勢が崩れているために治りづらいので、全身の歪みにアプローチする必要があります。
そのために当院ではグループ整骨院独自のATC(あさひろトータルケア)を取り入れていきます。

ATCとは身体の歪みを正しく診断し、首から腰(骨盤)の椎骨を矯正し、背部の丸みを除去しながら肩甲骨動きを良くする運動療法、そして痛み緩和の円皮鍼を使った施術を行っております。
西洋と東洋の医学を組み合わせた施術コースになりますので、根本的な治療と痛み緩和が同時に行えます。

崩れた姿勢が続くといつ急に痛みが出現するか分かりません。

もし少しでも気になっていましたら、当院までご相談お待ちしております。