マッサージ

  • 症状がぶり返してしまう
  • 疲れが全然取れない
  • 同じところが毎回痛む
  • 仕事後に体が辛くなる
  • 以前痛かったところが気になってしまう

症状がぶり返してしまう理由

1. 根本的な原因の治療が不十分

一時的な対症療法:痛みを和らげるための対症療法(鎮痛剤、マッサージなど)のみが行われ、根本原因が放置され治療が出来ていない場合があります。

そうすると、一時的には痛みが引き日常生活にも支障なく過ごせるのですが、また数か月後に痛みが再発しやすい状態となってしまいます。

2. 生活習慣や姿勢の問題

悪い姿勢:長時間のデスクワークやスマートフォンの使用などで不良姿勢が続くと、背骨の歪みや前後左右の筋肉のアンバランスが起こり、毎回同じところに負担がかかり症状が繰り返してしまうことがあります。

3. 柔軟性の不足

柔軟性不足:筋肉や関節の柔軟性が不足していると、本来動かせる可動域ではなくなるため、咄嗟に体を動かす場合などに怪我をしやすくなり、痛みがぶり返すことがあります。

4. 心理的ストレスやメンタルヘルス

ストレス:精神的なストレスは、痛みを感じやすくすることがあります。ストレスが体に影響を及ぼし、今まででは感じなかった些細なことでも痛みとして判断するようになってしまうことがあります。この場合、敏感になっている神経の正常化が必要となります。

睡眠不足:十分な睡眠が取れないと、体の回復が遅れ痛みの再発原因としてなることもあります。

5. 慢性痛

慢性化した痛み:繰り返す痛みが続くと慢性化し、脳が痛みを記憶しやすくなり、少しの刺激でも痛みを感じるようになることがあります。このような状態になると気になっている部分が余計に気になり些細なことでも痛みとして感じやすくなってしまいます。

マッサージによる効果

1. 筋肉の緊張緩和と痛みの軽減

マッサージは筋肉の緊張をほぐし、痛みを軽減する効果があり、筋肉の過度な緊張を取り除く効果があります。また、血流が改善され酸素や栄養分が十分に供給されるため、痛みやこりが軽減されます。

2. 血液循環とリンパの流れの改善

マッサージは血液循環を促進し、リンパの流れを改善します。体内の老廃物や毒素が速やかに排出され、細胞の新陳代謝が活発化することでむくみの軽減や免疫機能の向上に寄与します。

3. ストレスの軽減とリラクゼーション

マッサージは精神的なストレスを軽減し心身のバランスが整い、リラックス効果が得られます。

4. 柔軟性の向上と関節の可動域の改善

マッサージは筋肉の柔軟性を向上させ、関節の可動域を改善します。日常生活においても関節の可動域の維持や改善は非常に重要です。マッサージによって筋肉や腱の柔軟性が高まると、怪我の予防にもつながります。また、関節周囲の筋肉や結合組織がリラックスすることで、関節の動きが滑らかになり、痛みやこりの改善が期待できます。

5. 自律神経のバランス調整

マッサージは自律神経のバランスを調整する効果もあります。自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスによって体の機能を調整していますが、現代社会のストレスや生活習慣の乱れにより、このバランスが崩れがちです。マッサージによって副交感神経が優位になると、リラックス効果が得られ、睡眠の質が向上します。