logo_1.png
清澄駅前鍼灸整骨院|清澄白河で腰痛治療・ぎっくり腰治療口コミNo.1

hederksl.png

HOME.pngHOME.pngsyoukai.pngsyoukai.pngprice.pngprice.pngriyu.pngriyu.pngaccess.pngaccess.png

ケガや使い過ぎで起こる痛みはスポーツによるものだけではありませんが、ここではスポーツ外傷のひとつとしてご説明しています。

banner_sports.png

スポーツ外傷とはスポーツ活動中に過度な力が加わることで発症する、骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れなど急性のケガの事です。
また、長期間に同じスポーツを続けることにより、体の一定の部位に負担がかかり、疲労骨折・ゴルフ肘・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝・骨端症・シンスプリントなどのスポーツ障害が生じます。
スポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があり、それぞれ適した治療と予防が必要になります。

※スポーツ前後のストレッチ指導・練習、試合前のテーピング処置も行っています。
※オスグット( 成長痛 )もご相談ください。

スポーツ外傷では特に、速やかな応急処置が大切です。
RICE処置をするかしないかによって痛みの強さや治るまでの期間に大きな差がでます。



banner_kossetsu.png

骨折は過度な力が加わって骨に亀裂が入った状態の事です。皮膚の下で折れた骨が身体の中にとどまっている単純骨折は整骨院で処置ができますが、折れた骨が皮膚を突き破って外気に触れてしまっている場合は感染の恐れがあるため整形外科での治療が必要です。また、脱臼は関節から骨が外れた状態の事です。早い段階で正しい位置へ戻し、周辺の損傷している患部の治療と一定期間の固定が大切です。

banner_nikubanare.png

捻挫は曲げすぎたり負担をかける事で、関節を支える靭帯・筋肉・軟骨などを痛めてしまった状態の事です。軽い腫れと痛み、靭帯が伸びている状態までは整骨院で処置ができますが、靭帯が切れてしまっていると手術が必要になる場合もありますので整形外科で診断を受けるようにしてください。肉離れも軽度のものから筋繊維が切れている状態の重度のものありますが整骨院でも完治するまで治療ができます。回復期にはストレッチや運動療法をしていきます。

banner_hiji_hiza.png

野球の投球やテニス・ゴルフのスウィング、バレーボールのスパイクを繰り返す事で肘に痛みが生じます。肘の外側の痛みは骨がぶつかって生じ、内側の痛みは筋肉や靭帯に骨が引っ張られて剥がれることもあります。また、ランニングやジャンプを繰り返す事で膝の痛みが生じます。これも使い過ぎ症候群と言われています。どちらもまずは患部を休める事が第一です。スポーツ後のアイシングや貼り薬、クリームマッサージなども効果的です。

bannaer_seichoki.png

成長期の膝の痛みはオスグット病と言われ、スポーツ障害の代表的疾患です。10~16歳頃の成長期に急激に身長が伸び、骨も急成長しますが、筋肉や腱などの軟部組織は同じように成長しない為、負担がかかってしまいます。膝の痛みだけでなく、熱をもって腫れてしまったり、骨の一部が剥がれてしまう事もあります。